[common navigation menu]

GO to main contents 京都外国企業誘致連絡会 お問い合わせ HOME 京都の現況 入居施設 支援制度 KICについて リンク集

[重点を置く産業分野とプロジェクト main contents]

重点を置く産業分野とプロジェクト

都では、京都大学、京都工芸繊維大学、立命館大学をはじめとする大学を中心に、マイクロテクノロジー、ナノテクノロジー関連の基盤技術の開発が進められており、研究シーズが豊富です。一方、名だたるハイテクベンチャー企業を生み出してきた京都には、高付加価値な「ものづくり」を行う産業文化が根付いています。そのことから、豊富な研究シーズを事業化し、国内外との連携も強めながら、今後の京都を支える産業として国際競争力を強化することを目的としています。

 

けいはんなエコシティ推進事業

けいはんなエコシティ推進会議

けいはんな学研都市においては、平成18年に策定した「サード・ステ−ジ・プラン」に基づき、関西経済界や地元3府県8市町等の関係機関が連携し、「エコを学研都市の文化に」を目標として、『けいはんなエコシティ推進会議』を平成23年2月に設立するなど、環境・エネルギーに関する研究開発や実証事業、さらには新産業創出に向けた具体的な取組みを、産学公住の連携のもとに展開しています。
さらに、平成25年度には「e2(イイ)未来都市創造プラン」を制定、地域に構築されたICT環境を活かしたより幅広い分野への事業展開が進められています。

 

次世代エネルギー・社会システム実証プロジェクト

CO2排出の最少化とエネルギーの効率的利用を実現するため、経済産業省が全国の4地域を実証地域に指定、ここけいはんな学研都市もその一地域として家庭部門、業務部門、運輸部門のそれぞれにおいて実証を推進中であり、独自の次世代エネルギー活用と社会システムを構築し、「けいはんなモデル」として国内外へ発信することが期待されています。