[common navigation menu]

GO to main contents 京都外国企業誘致連絡会 お問い合わせ HOME 京都の現況 入居施設 支援制度 KICについて リンク集

[バイオテクノロジー・ライフサイエンス研究 main contents]

バイオテクノロジー・ライフサイエンス研究

ライフイノベーション創出支援事業

京都市においては、ライフサイエンス産業振興のため、京都大学内に「京都市ライフイノベーション創出支援センター」を開設し、新たな医療機器、医薬品等の開発につながる京都発革新的医療技術研究開発助成を中心とした産学公連携コーディネート活動を実施してきました。
更に、「関西イノベーション国際戦略総合特区」や「関西圏国家戦略特区」の制度を活用した、創薬、医療機器、再生医療、先制医療分野の研究開発の促進等にも取り組んでいます。

 

ライフイノベーション創出支援事業は以下、2本柱の事業を展開しています。

(1)医工薬産学公連携支援事業

京都市ライフイノベーション創出支援センターを拠点に、京都大学を中心とする医学・工学・薬学の融合分野における産学公連携支援事業を展開する。

(2)京都発革新的医療技術研究開発助成

市内に設置されている大学の研究者及び市内に事業所を有する中小・ベンチャー企業等を対象に、革新的な医療技術に関する研究開発活動に助成し、新たに医療産業への進出を希望する中小・ベンチャー企業に新規事業展開の「きっかけ」を提供するとともに、医療産業の新技術の開発と新産業の創出を支援する。

 

バイオ・ベンチャーの育成

「クリエイション・コア京都御車(みくるま)」

(独)中小企業基盤整備機構が設置・運営する賃貸型起業家育成施設
大学研究者との交流、助成金・ファンドなどの支援策があります。
京都大学や京都府立医科大学をはじめとした研究機関が集積する交通至便の京都市上京区内に立地しています。

http://www.smrj.go.jp/incubation/cckm/ (日本語)

 

 

京都ウェルネス産業の推進

バイオテクノロジー、ライフサイエンス、さらに医療や健康管理など、幅広い分野を統合することにより、「健康保持」のみならず、積極的・創造的な「健康増進」、つまり「ウェルネス」の増進を図り、産業として構築しようとするプロジェクトです。
京都では、次のような企業や大学による先進的な事業が展開されており、「ウェルネス産業」構築のための恵まれた条件が整っています。

医療材料・医療機器(人工器官・試験検査機器)
グンゼ、ユニチカ、京セラ、福田金属箔粉工業、島津製作所、オムロン、堀場製作所、ビーエムジーほか

医薬品(ゲノム創薬、ゲノム解析、たんぱく解析)
宝酒造、DNAチップ研究所、月桂冠、日本新薬、日東薬品ほか

介護・福祉機器(介護ロボット、在宅介護機器)
ワコール、アークレイ、クロイ電機ほか

大学による取組
京都大学(医学部、農学部、生命科学研究科)、京都府立医科大学、京都薬科大学、明治鍼灸大学ほか

 

産学公連携による事業推進

京都府、京都市、京都府内の関係大学、京都産学公連携機構により、2005年7月、「ウェルネス産業コンソーシアム」を設立し、大学と共同研究を行うベンチャー企業に対して研究開発費の一部を支援するなど、事業推進を図っています。